公認会計士 青木 寿幸

登録までの流れ

どれほど、登録に時間をかけても、1円の売上にもなりません

財務局が第二種金融商品取引業の登録の処理をする基準期間は、申請書類を受理したあと、『2ヶ月間』と決まっているため、これを短縮することはできません。
できるだけ早く登録するためには、必要な資料を揃えて、申請するまでの期間を短縮するしかありません。

もともと、ファンドを作りたいと考えるのは、投資したい案件があったり、お金を出資してくれる投資家がいるからです。
そのため、すぐにでも第二種金融商品取引業に登録して、仕事を始めたいというのが心情でしょう。時間が経っても、儲かり続ける案件などありませんし、投資家の心理も変わってしまいます。
それに、第二種金融商品取引業に登録するまでの間には、事務所の賃料や人件費もかかるのです。

そのため、早く登録できるならば、それに越したことはありません。

でも、第二種金融商品取引業への登録申請の書類を作成するだけなのに、それほど難しいことがあるのかな?

と思った方は、注意してください。
あくまで、財務局に書類を提出ではなく、受理されることが必要なのです。
受理とは、『不備』がない完璧な書類を提出することです。
つまり、書類に少しでも、『不備』があると受理されず、何度も修正して、提出しなおすことになるのです。これを繰り返していれば、時間がかかってしまいます。

しかも、何度も『不備』が多い書類を提出すると、財務局の担当者に『法律をよく理解していない人たち』という印象を与えてしまうので、普通よりも細かなところまでチェックされて、さらに時間がかかります。
彼らも、登録できないような会社の書類を何度も見直すほど、暇ではありません。
では、書類の『不備』とは、どんなことを指すのでしょうか?

  • 添付書類が不足している
  • 記入すべきことが間違っている
  • 誤字脱字がある

という、形式的なレベルの話ではありません。

  • ファンドのスキームや事業計画書は、投資家に不利になっていないか
  • 契約書及び契約締結前書面が、法令に違反せずに作成されているか
  • コンプライアンスを担当する社員の経歴と実務に、問題がないか

という、実質的なレベルでチェックされるのです。


では、登録の申請をするときに、どのような書類が必要となるのでしょうか?

登録の申請に必要な書類

どうですか?
自分だけで、『不備』なく作成できそうな書類ですか?
これらの書類は、金融商品取引法がよく分かっていなければ、絶対に作ることができません。
何度も言いますが、作れるとは、空白を埋めることではなく、財務局が受理してくれる実質的に、問題がないレベルに達するということです。

当社は、今まで、数多くのファンドを作ってきた実績があります。
第二種金融商品取引業への登録も、数多く行ってきました。
そのため、どのようなファンドのスキームであっても、短時間で理解し、その書類の作成を行なうことができます。

もちろん、書類を作成している時間は、ファンドを作ることができないため、1円の売上も生みません。
当社に、書類の作成を一任して時間を短縮させ、ファンドを成功させるために、営業に専念した方が、絶対によい結果を生むはずです。

登録の申請書類を作成したい方は、こちらをクリック


第二種金融商品取引業への登録は、そんなに難しいのか? と思った方もいるかもしれません。
最近では、景気が悪くなったこともあり、ファンドに関して、トラブルが増えています。
その投資家の苦情は、登録を許した金融庁に、直接、行ってしまうのです。
そのため、金融庁としても、ファンドに対する監視を強化するだけではなく、登録のときのチェックも、より厳しくなってきました。
申請の書類は、1回で、できる限り完璧に作りましょう。

これだけは知っておきたい!

「適格機関投資家等特例業務」登録せずに、特例を使って、ファンドを作りたい方は、こちらから

「不動産の信託受益権を売買したい」宅地建物取引業の方で、第二種金融商品取引業に登録したい方はこちらから

金融商品取引業者の再建手法が知りたい方、もしくは、M&Aがしたい方へ

「これは使える!!資料編」無料の小冊子をダウンロードすれば、ファンドのことが、もっと分かる

よくある質問

お客様の声

株式会社コレット

代表取締役 竹内 悟様

信託受益権の不動産仲介をする際、全く知識もなく困惑し、
・・(略)・・
限られた少ない日数での書類審査から不足書類の準備を徹夜作業でお手伝い頂いた上、契約、決済の立会い、投資家へのリスク説明までご協力して頂きました。


株式会社アッシュ

代表取締役 平岡 英之様

吉崎先生との出逢いは、FX(外国為替証拠金取引)による資産運用とコンサルティングを生業とした会社を立ち上げようとしていたときでしたね。


こちらに掲載しきれないお客様の声はこちら!!

このページの上部へ

Copyright 2009. Japan Central Accounting Firm Co., Ltd. All Rights Reserved.