公認会計士 青木 寿幸

金融商品取引法とは?

ファンドは金融商品取引法の規制を受ける

金融商品取引法は、すべての金融商品の取引を規制している法律です。そのため、ファンドを作る人たちは、最低限の金融商品取引法の知識は持つべきです。

日本だけではなく、世界のどの国でも金融商品に関する法律は存在します。
特に先進国ともなれば、さまざまな金融商品が新しく作られて売られるため、それに合わせて改正が繰り返されているのが現状です。
さらに、金融商品による被害は、金額も大きく、投資家の人数も多くなりがちです。そのため、罰則も厳しくなっています。

ファンドは、金融商品です。
そのため、ファンドに関連する人、及び会社は、必ず、金融商品取引法を守らなければいけません。
さらに、ファンドの出資者を募集したり、ファンドのお金を運用するためには、金融商品取引業として、金融庁への登録が必要になります。

①何が、有価証券になったのか?

自分が今から作る投資組合が金融商品取引法の規制対象になるのか、そして、それが第何項有価証券になるのかを知る必要があります。さらに、投資する組合財産も金融商品取引法の規制対象になっていると対応が変わってきます。

金融商品取引法では、規制する対象を2種類に分けています。

ファンドを作る人にとって、これは大変重要なことです。
自分が今から作るファンドと投資する組合財産は規制の対象なのか、もし規制されるのであれば、どちらになるのかを知ることが必要です。
それによって、これから自分がやるべき行動が決まってくるのです。これを間違えると、どれほど一生懸命法律を守ったとしても、結局は、違反することになります。

第二条第1項として流動性が高いものを限定列挙
(第二条第1項有価証券で、投資組合に関係するもの)

  • 株券
  • 社債券
  • 資産流動化に規定する優先出資証券
  • 資産流動化に規定する特定社債券
  • 資産流動化法に規定する特定目的信託の受益証券
  • 投信法に規定する投資信託、または外国投資信託の受益証券
  • 投信法に規定する投資証券、もしくは投資法人債券、または外国投資証券
  • 信託法に規定する受益証券発行信託の受益証券
  • 貸付信託の受益証券

第1項は限定列挙されています。
そのため、列挙されていないものは、第1項有価証券に該当することはありません。

第二条第2項有価証券として流動性が低いものを例示列挙
(第二条第2項有価証券で、投資組合に関係するもの)

  • 信託受益権(第二条第1項の受益証券は除く)
  • 合同会社の社員権
  • 外国法人の社員権
  • 任意組合の持分
  • 匿名組合の持分
  • 投資事業有限責任組合の持分
  • 有限責任事業組合の持分

第2項は、例示列挙だということに、注意してください。
つまり、上記に列挙されているもの以外であっても、これに類するものはすべて第二条第2項有価証券とすると決めたのです。
では、類するとはどのようなものなのでしょうか。

  • 他者から金銭などの出資または拠出を受けて
  • その財産を用いて事業または投資を行い
  • 当該事業または投資から生じる利益などを投資家に分配する

これに合致する金融商品は、すべて第二条2項有価証券となり規制の対象になります。
その名称は問いません。
もちろん、外国の法令に基づくものであっても、日本人(国内の居住者が前提)を相手にするもので、同じ性質を持つ持分はすべて含まれます。
それを規制しなければ、全員が海外に一度、お金を送金し、そこで契約して、日本に投資すれば、金融商品取引法の規制から免れてしまいます。


そのため、呼び方がセールスアンドリースバック契約であっても、リゾート会員権であっても、基準にあてはまるものは、すべて第二条第2項有価証券になります。
逆に言えば、この基準にあてはまらなければ、任意組合であっても、匿名組合であっても、金融商品取引法の規制の対象外になるのです。

②4つの金融商品取引業

どの有価証券を、どう取り扱うかで、必要な金融商品取引業の種類が決まります。

①第一種金融商品取引業

②第二種金融商品取引業

③投資運用業

④投資助言・代理業


金融商品取引法の趣旨

金融商品取引法の趣旨

これだけは知っておきたい!

「適格機関投資家等特例業務」登録せずに、特例を使って、ファンドを作りたい方は、こちらから

「不動産の信託受益権を売買したい」宅地建物取引業の方で、第二種金融商品取引業に登録したい方はこちらから

金融商品取引業者の再建手法が知りたい方、もしくは、M&Aがしたい方へ

「これは使える!!資料編」無料の小冊子をダウンロードすれば、ファンドのことが、もっと分かる

よくある質問

お客様の声

株式会社コレット

代表取締役 竹内 悟様

信託受益権の不動産仲介をする際、全く知識もなく困惑し、
・・(略)・・
限られた少ない日数での書類審査から不足書類の準備を徹夜作業でお手伝い頂いた上、契約、決済の立会い、投資家へのリスク説明までご協力して頂きました。


株式会社アッシュ

代表取締役 平岡 英之様

吉崎先生との出逢いは、FX(外国為替証拠金取引)による資産運用とコンサルティングを生業とした会社を立ち上げようとしていたときでしたね。


こちらに掲載しきれないお客様の声はこちら!!

このページの上部へ

Copyright 2009. Japan Central Accounting Firm Co., Ltd. All Rights Reserved.