公認会計士 青木 寿幸

ファンドの税制

本当に、ファンドは、投資家にとって税金が有利になるのか?

普通にファンドを作れば、二重課税されない、パススルー課税(匿名組合員をペイスルー課税と区別して呼ぶこともありますが、ここでは、パススルー課税という言葉に統一します)となるため、税金が有利です。
それだけ、投資家の利回りが高くなるだけではなく、ファンドを組成する人たちの報酬も多くなります。

ただ、ファンドを作れば、勝手に、パススルー課税になるわけではありません。
それに、パススルー課税のファンドを作れたとしても、投資家には税金がかかります。
ファンドの種類によって、この投資家の税金が変わってくるのです。
つまり、ファンドの作り方を失敗すると、無駄な税金を支払うハメになります。

1.二重課税がないとは?

事業で100万円の利益が計上された場合で、比較してみましょう。

資本金(株主)としてお金を集め、投資家(株主)に配当した場合

事業の100万円の利益に、法人税(約40%)がかかる
会社に残る金額は、「100万円-40万円=60万円」となり、これを投資家に配当

投資家には、この配当に対して所得税(15%から、50%までの累進課税)がかかる
ファンドに投資できる人を想定すると、最低でも40%の所得税になる
投資家の手取り金額は、「60万円-24万円(所得税)=36万円」となり、100万円の利益が出ても36%しか残らないことになる

上記が、法人税と所得税の二重課税と呼ばれる

ファンドで、お金を集め、投資家に配当した場合

事業の100万円の利益には、法人税がかからず、投資家にそのまま配当される
(ファンドには法人格がないため、課税の対象にならない)

投資家の手取り金額は、「100万円-40万円(所得税)=60万円」となる

上記が、パススルー課税と呼ばれる

最初に、「普通に、ファンドを作れば」と断りましたが、国内で、かつ税務上の要件を満たしている場合だけ、投資家は、パススルー課税で確定申告すrが適用できます。
ところが、海外で事業を行なったり、そもそも、税務上の要件を満たしていないと、二重課税になってしまいます。

これは、ファンドのスキームごとに検証が必要です。
支払った税金は、二度と戻ってきません。
必ず、ファンドを作る前に、税金のシミュレーションしてください。

なお、海外で事業を行なった場合には、日本と相手国との租税条約によって、二重課税を回避できる場合もありますし、税率が軽減される特例を使うこともできます。

2.投資家の税金も、一律ではない

投資家の税金は、最低でも40%と言いましたが、これはファンドの配当が、他の所得と合算されてしまうことも原因です。(所得税は、住民税を含めると、最低15%、最高50%の税率になります)
匿名組合からの配当は、基本的には、雑所得となり、総合課税です。

しかし、任意組合、または投資事業有限責任組合(LPS)、有限責任組合(LLP)に投資している場合には、ファンドの事業によって、配当にかかる税金が変わってきます。

株などに投資しているファンドであれば、一定の要件を満たせば、他の所得と合算されず、しかも、配当はs10%から20%の所得税となります。
不動産に投資している場合、飛行機に投資している場合、船舶に投資している場合でも、一定の要件を満たせば、経費が認められるのです。
つまり、ファンドの作り方によって、節税が可能ということです。

このように、二重課税にならなければよいというだけではなく、もう一歩踏み込んで、投資家の税金を安くするスキームを考えましょう。
税金が安くなることで、投資家の利回りが高くなります。それとも、投資家の利回りを変えないとすれば、あなたの事業の利回りを無理して、高くする必要がなくなるのです。
ただ、この税金に関する法律は、毎年、改正されているため、あなたが、すべてを正確に知ることは難しいかもしれません。

そこで、当社は、多くの税理士が在籍している会計事務所であり、税制改正にも精通しています。
税金のシミュレーションは、税理士に任せる方が、時間もかからず、正確です。

税金のシミュレーションをしたい方は、こちらをクリック


ファンドの事業であっても、消費税がかかります。
この消費税をめぐって、トラブルが多発しています。
特に、消費税は、ファンドの運営者には分かりにくく、あとから、「最初に教えてもらえれば、これほどの消費税を支払う必要がなかった」、「最初に課税事業者を選択していれば、何百万円、何千万円という消費税が還付できた」ということがよくあります。
この消費税の申請は期限が決まっているため、1日でも遅れてしまうと、認めてもらえません。
パススルー課税や投資家の税金だけではなく、消費税のことを必ず、頭の片隅に入れておいてください。

これだけは知っておきたい!

「適格機関投資家等特例業務」登録せずに、特例を使って、ファンドを作りたい方は、こちらから

「不動産の信託受益権を売買したい」宅地建物取引業の方で、第二種金融商品取引業に登録したい方はこちらから

金融商品取引業者の再建手法が知りたい方、もしくは、M&Aがしたい方へ

「これは使える!!資料編」無料の小冊子をダウンロードすれば、ファンドのことが、もっと分かる

よくある質問

お客様の声

株式会社コレット

代表取締役 竹内 悟様

信託受益権の不動産仲介をする際、全く知識もなく困惑し、
・・(略)・・
限られた少ない日数での書類審査から不足書類の準備を徹夜作業でお手伝い頂いた上、契約、決済の立会い、投資家へのリスク説明までご協力して頂きました。


株式会社アッシュ

代表取締役 平岡 英之様

吉崎先生との出逢いは、FX(外国為替証拠金取引)による資産運用とコンサルティングを生業とした会社を立ち上げようとしていたときでしたね。


こちらに掲載しきれないお客様の声はこちら!!

このページの上部へ

Copyright 2009. Japan Central Accounting Firm Co., Ltd. All Rights Reserved.